大江山!  ~雲海篇~

前回に続き、大江山です。
本当は雲海をメインに出かけたのですが、この日は少し風があり雲が流れてしまいました。
日が昇り、時間が経つと少し雲海らしき景色になってきました。
やはり山の天気は気まぐれですね。


b0128581_14571647.jpg
b0128581_1458355.jpg
b0128581_14574099.jpg
b0128581_14582471.jpg
b0128581_1458447.jpg
b0128581_14585645.jpg

モノクロで水墨画的に・・・
b0128581_14583755.jpg

紅葉も始まり・・・
b0128581_1459286.jpg


LENS/
EF 24-105mm F4L IS USM
EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM
CAMERA/
EOS 5D MarkⅢ
EOS 5D MarkⅡ






051.gif ☆がんばろう日本
にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
にほんブログ村
ポチッとお願いします。
by prado9991 | 2012-11-08 15:03 | 自然・風景 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://yasu733.exblog.jp/tb/19458836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by youpv at 2012-11-09 06:27
おはようございます~。
本当に山の天気は難しいですね。
風がなければ、雲海も多くあったような
感じでしたからね。

最後から2枚目の写真がかなり好きですね(^^)
Commented by wwmc at 2012-11-09 08:19
一枚目は、声が出ました・・・開いたとたん。

ほんと凄いです。
感動しました。 いいものみせてもらいました。ありがとうございます。
Commented by deepseasons at 2012-11-09 23:02
こんばんは~
やっぱりご来光は感動的ですね。 眼に焼きつきそうな素晴しい写真の
連続です。 たなびく雲がかえって、うまく太陽光を遮断して長くモーニング
ショットを楽しむことができたのではないでしょうか。
最後の紅葉を前景にした写真もいいですね。

暗い山道を登っていった甲斐がありましたね~ 突然、ライトに照らされた
鬼を見てビックリされませんでしたか。
Commented by xylishcool at 2012-11-10 06:23
天気に左右される撮影ですから、なかなか休みと合えばいいなと思うのですが。この時期の雲海はそれにしても絵になりますね。
Commented by kwc_photo at 2012-11-10 22:54
おお~、素敵だぁ~。
山に飢えている私としては、うらやましくてしょうがないです(笑)
雲海は量が少なくて残念でしたが、これだけのものが撮れれば
行った甲斐がありますよね~。
モノクロの一枚が素敵です。
Commented by prado9991 at 2012-11-13 21:19
youpvさん こんばんは
山の天気は変わりやすいので動向が読めませんね。
朝日と雲海、両方とも完璧は望みすぎですね。
Commented by prado9991 at 2012-11-13 21:21
Shuさん こんばんは
本当はもっと凄い雲海を期待していたんですよ。
自然の天候には勝てませんね。
でもどうにかこれだけ見れたので良しとします。
Commented by prado9991 at 2012-11-13 21:23
deepseasonsさん こんばんは
色々変わる天候で楽しめたことは確かです。
スカっと晴れた朝日と雲海はベストでしょうが、なかなか上手くいきませんよね。
そうなんですよ、暗闇から鬼が出てきたようで少しビックリしました。
Commented by prado9991 at 2012-11-13 21:25
xylishcoolさん こんばんは
休みと天候が上手くかみ合えば良いのですが、上手くいきませんよね。
この時期の雲海は非常に綺麗なので来年また臨みたいです。
Commented by prado9991 at 2012-11-13 21:28
kwc_photoさん こんばんは
何時もは京都盆地のなかでウロウロしているとこんな風景に出会えると興奮します。
言われるように、これだけ見れたら良いかもしれませんね。
でも以前ここで撮影した記憶が残っているので欲求不満です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金引の滝! 大江山!  ~朝日篇~ >>